結婚の形式について

結婚のプロポーズの形

トップ / 結婚のプロポーズの形

結婚に至るまでの情報

結婚の約束婚約をする

結婚しようと思ったとき、プロポーズをして約束をします。それが婚約ですが、日本ではいろいろなしきたりがあります。しかし、しきたりに沿ってやる家はそれほど多くはありません。地域性もあるのですが、両家の顔合わせをし、結納をしたりします。通常、嫁や婿にもらう側が結納金を出します。50万円とも100万円ともいわれます。指輪も渡します。以前は給料の3か月分が目安といわれましたが、今では気持ちを表し、40万〜50万円程度が多いようです。そして、結納返しとして、時計やスーツなどを返すのです。結婚は一生に一度のことです。式までは、最高で幸せ絶頂の時間を過ごしたいものです。

結婚の生活費

婚約のないスタイルもあります

婚約とは、本来結婚の意志を固めたカップルが交わす約束のことを指します。その後に指輪を用意したり、家族への顔合わせがあったり、結納を交わしたりします。基本的に口約束ですので、特に決まった形があるわけではありません。近年では、婚約や結納などをせずに、そのまま入籍をするスタイルも増えてきました。不景気の影響もあってか、指輪も結婚指輪の1個だけで済ませるというケースも多くみられます。昔に比べて、式や披露宴を執り行わないケースも増えており、それぞれのスタイルに合わせた形で新生活をスタートさせる方も増えているようですね。